お家でセルフカラーの仕方!美容師が教えるカラー材の作り方と塗り方動画を公開!

お家でヘアサロン用セルフカラー
Sponsored Links

こんにちは!ヘアサロン用のカラー剤でセルフカラーをするのはとても効率的ですが、注意しないといけない点が少々あります。

わたしは心配性なので、カラー材が皆さんのお家を汚さないかとても心配です。

下記注意点をよく読み、塗り方動画を見て十分理解した上でセルフカラーを行なってみてくださいね。

事故やその他いかなる事由におきましても、当方は責任を負えません、あくまで自己責任であることをご了承ください。(。_。*)

カラーの注意点

事前準備の注意点
  • 肌や頭皮の状態はいいか確認、パッチテストしておく
  • 汚れても良い服、前開きの服がオススメ
  • 薬剤選び
  • 1剤と2剤の計量を正しく行い、よく混ぜること
  • グレーカラーや暗い色を使う時、または敏感肌などは事前に顔まわり、耳周り、首まわり、頭皮等に保護クリームやスプレーをしておく
  • 道具などを準備してから塗布すること
塗布する最中に気をつける事
  • 顔についたら拭き取る、目に入った場合は速やかに洗い流すこと
  • 刺激を感じたらやめておきましょう
  • カラー剤が壁や床についてしまった場合もその都度取った方が色移りしにくい。濡れたティッシュで拭き取ってから洗剤で拭き取り洗うと良い。時間が経つと染まってしまいます!特にグレーカラーは要注意!落ちません。
  • 焦らず丁寧に塗布しましょう。
  • グレーカラーの場合は根元たっぷり目に塗っていいけど、ファッションカラーの時は頭皮につくかつかない程度でいいと思います。
塗布後の注意点
  • ラップをして15〜25分程度おきます。グレーカラーなら塗布後30分放置です。
  • 時間が来たら少しだけ毛をとって根元と毛先のカラーチェック。塗布後の髪は暗く感じると思いますが爪やハケ、コームでカラー材を取って透かすと本来の色味がわかります。良ければ流しましょう。

美容師が教えるヘアサロン用カラー材の作り方

これが1番大事なところです。薬剤をきちんと準備出来ないとせっかくのカラー材が台無しになってしまいます。とりあえず

1剤+2剤(オキシ)=カラー材 になります。※2剤は大きめのボトルで売ってるので、一剤を用意するだけで延々に使えてしまうコスパ良きな品です。

このオキシが6%なのか3パーなのかで作用が変わります。

ファッションカラーで明るくする場合と、グレーカラーは必ず、2剤(オキシ)は6%を使います

色を入れたい場合、トーンダウンする場合は2剤のオキシは4.5〜3%にすると髪も傷まず色がより綺麗に入ります。

基本的に1剤:2剤=1:1で等倍になります。1剤を100g作ったらオキシ2剤は100g必要です。ぴったりすぎると物によってなりづらい場合はほんの少し水を入れてもいいですけどね、入れすぎると6%が薄くなり3%になってしまいますので注意。

ファッションカラー(色を入れる)例

もとの髪が8レベルの茶色い髪で、落ち着いたアッシュブラウンや赤みのないベージュにしたい。

目標設定

暗めにしても良いなら(色持ちが長い)、6レベル設定で考える(落ちてきても良い色に)。

根元の伸びたところ 6アッシュブラウン50g(1剤)+2剤オキシ6% 50g
色が抜けた明るい毛先  6アッシュブラウン50g+ 2剤オキシ3% 50g

私個人的にはもう少し簡単に、

6アッシュブラウン 100g + オキシ4.5% 100g

とかにしますね。根元もじんわり明るくしてくれて、毛先も入りすぎずに色味をちゃんと入れるグラデーションよりのレシピです。これでファッションカラーなら15〜20分放置。チェックして色が入ってなければもう少し置いてもいいですが、カラー剤の作用は時間が決まってるので長くおいても痛むだけなので注意が必要です。

とにかくこのように、一剤設定とオキシのパーセンテージで変わります。

よく混ぜる事も大事です。底の方からしっかりと。マドラーが混ぜるのにやりやすいです(慣れたらハケでオッケーですが)

ジャバジャバだったりするテクスチャーはオキシが入りすぎですし、硬めでも塗りにくくのびにくい。できればスケールでgを測る、もしくはマヨネーズくらいをイメージしてやるのもいいかと思います。

グレーカラーの例

グレーカラーは根元を染めるときは必ず6%です。じゃないと白髪に色が入りません

スペックから目的設定

根元が3センチほど伸びていて、白髪は地毛全体の3割くらい。トップの目立つところにあったり、耳上など満遍なくある。段々と白髪が多くなってきた気がする。現在は普通の明るすぎない茶色。できれば野暮ったくなりたくない。

→大体元が6〜8レベルだと思うので、あまり暗すぎず明るすぎない、白髪が出ても目立たない色設定を考えます。また野暮ったくなくトレンドに左右されない、可愛く上品な色を意識する(ベージュ 系を入れてピンクかマット寄りにする。)

☆ピンク系の場合。           根元3センチ→7NB 6% 60gずつ     毛先→ 6ピンク:7ベージュ (白髪が出ているなら6%)色を入れるならファッションカラーで4.5%
☆マットやアッシュベージュよりの場合。                 根元→7AB 6% 60gずつ         毛先→6アッシュorマット:7ベージュちょっと (白髪が出ているならグレー用のカラー一剤と6%)4.5%

毛先の方、1剤をグレーかファッションカラーで選ぶ形で書きましたが。

あまりこだわりがなければ、普通にあるもので染めるのがいいかと思います。というのも、グレーを染めたければやっぱりグレーカラーでしてるはずなので、色落ちも変わってきますし、グレーに染めたカラー材も取れてきているはずなので、毛先でもグレーカラー×6%です。

色を入れたいだけでしたら3%、4.5%が基本です。

市販のものはこういったオキシを変えることができない、どんな髪にも同じ強さの薬剤を塗布してしまう、塗布しすぎてしまうのでキシキシします。また市販とプロ用はカラーの作り方自体が違うので別物と考えてください。プロ用は仕上がりがツヤツヤで潤いがありますさ、何より発色がちがう。

おうちでセルフカラーを上手くするポイント

美容師が普段気にしているポイント、カラーのコツを書いてみました。正直ここまでしなくてもいいと思いますが、知っていて損はないかと。。

自然なグラデーションを目指す事

  • 9.10レベル以上に明るくする場合で、根元がすぐ明るくなりそうであれば毛先の方から塗るようにするとうまくいきます。
  • レベル8以上にする方は頭皮に近いところはあけて塗り、最後に少し塗るようにすると根元がぐんと明るくならなくてすみます。また明るくなりやすい髪質の方も同様で根元をあけて塗ると綺麗にいきます。トーンアップでベタ塗りすると大変なことになりますので注意!
  • 元の毛が明るくてトーンダウンする方は根元からちゃんと塗ること。毛先から塗ると色が入りすぎてしまいます。
  • 基本根元はベタ塗りしません。カラーが綺麗にならないし、トラブルの元に。頭皮もいたわりましょう。
  • 周りを汚さないよう、ハケやクロス、カップ、ラップなどを活用しましょう

実際にファッションカラーでセルフヘアカラーしました。ブリーチ毛なので色が薄め。

私の場合、10レベル以上のハイトーン(ブリーチ一回で黄色、オレンジ味あり)で色抜けてる状態でした。レシピは

根元の伸びていたところは8,9レベルアッシュブラウン6%

毛先7レベルのマットブラウン3%です。

もっと色を入れる場合は6レベルくらいにしてもいいですね。ブリーチ毛はすぐ明るくなりますし。

自然なグラデーションになるように、根本は明るすぎない薬剤設定がいいでしょう。明るくなりやすい人は一つ下にしてもいいくらいです。頭皮に近い根元は体温で明るくなりやすいのです。

グレーカラーの注意点

  • 根元の白髪を染めるため、しっかりベタ塗りしましょう。浮きやすい方はコットンやペーパーをのせます。毛先もしっかり染める場合はグレーカラーで行いますが、明るめの髪の方はファッションカラーで十分だと思います。痛まず次回のカラーもしやすいので。
  • あまり真っ黒はオススメしません。自然な茶色やこげ茶の方が白髪は馴染んで出てきてもわかりづらいですよ。
  • 肌に着くとなかなか取れません!保護用クリームを塗り手袋をつけ行いましょう
  • 飛び散りに注意。床や壁など気付かず染まってしまった場合、落とす方法があまりありません、それほどよく染まります。(保護用クリームをしていれば肌は簡単に落ちます)シャワーで流す際も最後に掃除を軽く行いましょう。

パッチテストを行いましょう

肌にカラー剤をつけてみてください。赤くなったり痒くなったりしたらやめておきましょう。

ちなみに私は敏感肌でどんなカラーでも少ししみるのでいつも我慢しながらやってますが、頭皮には極力カラー材をつけないように塗布します。しみたり刺激がある方はセルフカラーは控えましょう。

女性はホルモンの影響で敏感になる時がある

いつも大丈夫な方でも女性はホルモンバランスの影響でしみる場合があります。そんな時は我慢せず速やかに洗い流しましょう。

置く時間について

プロ用カラー剤は市販のように長々と放置しなくていいです。先述したように、薬が作用する時間が決まっているので不要に時間を置いてしまうと痛む原因になります。

ファッションカラーなら塗布してから10〜20分ほど、トーンダウンやグレーカラーなら塗布してから20〜30分置いて流すのが基本かと思います。

できるなら流す前にカラーチェックしよう

シャンプーする前にトップあたりの髪を何ミリか引き出してカラー剤を取ります。そして上に引いて透かして見ると、色が入ってるかわかります。汚れたくない場合はそのまま洗い流しても差し支えないです。

乳化しましょう

少量のお湯を顔まわりからぐるぐる、ぐるぐるお化粧を落とすようになじませます。そこから根元、毛先、全体を少しなじませて、髪全体についた色を混ぜて、定着させるイメージです。

必ずしなければいけないわけではないですが、乳化が出来るとカラーの落ち、入り具合も良く髪に馴染んで綺麗な色になりますよ。

アフターケアが大事!

カラーした髪は敏感な状態です。セルフカラー後はトリートメントをしっかりしましょう!

オススメは髪質別にヘアケアできるグローバルミルボン。手触りも違くなるし、色も落ちにくくなる。艶と潤いが違います。髪質別に合っているものを使えるので効果がちがいます!お試ししてください。

塗り方動画 How To

ここまでプロがしていることを大体書いてみましたが、正直こんなことまでできない、よくわからない、、という方はとりあえず塗り方動画をみてみてくださいね。

こちらの動画がわかりやすかったので貼っておきます。

美容師がわかりやすく解説!!セルフカラーの塗り方完全保存版!!
セルフヘアカラー!上手に塗布する方法!

美容師は今の髪の状態から目標であるカラーになるようにするため、薬剤選定が大きな課題になります。今回は間違いない色味のレシピを書いてみましたが、わかりづらい点もあるかと思います。

何かあればお問い合わせから気軽に相談ください。わかりやすいレシピをまた追加できるようにしていきたいと思います。

他のセルフカラー関連の記事も読んでもらえると嬉しいです。

以上、お家や洋服が汚れないかただただ心配なわたしでした。

追記…シャンプートリートメントも大事です

私のオススメはイースタンダードシャンプーです。

セルフカラーも慣れたら、美容師がおすすめするシャンプーやトリートメントもぜひ試してみて欲しいと思います。

いいものはいいっ!

ミルボンのシステムトリートメントもお家で使えます。↓

美容師おすすめのセルフシステムトリートメントをおうちでセルフ!グローバルミルボンは髪質別で選べる!
タイトルとURLをコピーしました