ヘアサロンのカラー材でセルフカラー!必要な道具まとめ

お家でヘアサロン用セルフカラー
Sponsored Links

プロ用カラーリング剤を使うときに必要なものをまとめてみました

  • 1剤(色味)
  • 2剤(オキシ)
  • ハケ
  • スケルター(はかり)

この4つは必要です。ハケは市販されていますがプロ用のものを使うと色の入り方が違うし扱いやすいのでおすすめです。

スケルター(はかり)ですが、カップによってははかりがなくてもgが目安で書いてあるものもありますが、2剤も入れたりするのであったほうがいいですね。

色々な道具がある中で専門職的に考えると、プロユースの使いやすいものを使ったほうがセルフカラーもストレスフリーかなとおもいます。

さて、他にご自宅で本領発揮するあると便利なプロユースアイテムをご紹介します!あると繰り返し使えるのでエコだし、長持ちするのでコスパよいです。

  1. 1剤
  2. 2剤
  3. はけ
  4. カップ (代用可)
  5. 保護クリーム(代用可)
  6. カラークロス(代用可)
  7. グローブ
  8. イヤーキャップ (代用可)
  9. マドラー (代用可)
  10. スケルターはかり

代用可能なもの

  • カップ→要らない容器やプラスチック容器など。容易に穴が開かない頑丈なもの
  • 保護クリーム→ワセリンや要らないワックスクリーム(肌が荒れないもの)など
  • カラークロス→汚れてもいい前開きの服かつ着脱しやすい服の上から首にタオルなどを巻く
  • イヤーキャップ→わたしは自分でやるときはカラー材がつくことはないので使いません。特に必要ないかなと思いますがグレーカラー(白髪染め)をする方は肌につくと取れにくいため保護クリームを耳周りに塗るのをお勧めします。
  • マドラー→ハケで満遍なく混ぜることができるなら不必要かと。その他スティックなどで混ぜてからハケのブラシ部分でゆっくり底から混ぜることをおすすめします。均一に混ざってないと色ムラになりますし、プロユースの一剤は硬めなので混ぜにくく感じる方はマドラーなどをおすすめします。

ネットで買うなら楽天かAmazonか。

美容室専用の商品って転売が禁止されているものもあるのですが、販売会社や口コミレビューをよく見て購入されるといいかと思います。怪しそうなのはやめときましょう。破損していたり古いものの可能性があります。ちゃんとした商材を扱っているところで購入するのをおすすめします。

オキシがないとカラーできません。これと1剤を1:1で混ぜてカラー剤が出来ます

¥1,067~

6%というものにしてください。これは強さみたいなものです。3パーセントもあると便利ですが、水をいれると4.5%、3%。。と薄くなりますのでとりあえず6%があればいいかと。

この刷毛で塗ると色の入りが違います。

カップもあると便利。

DEEDS E-0004 プロ用 クリア へアカラーセット ヘアカラー カップ ブラシ セット

¥1,078〜

マドラーもあるといいですが、ちゃんと混ざればハケで混ぜてもいいかと思います。

カラークロスはこちらワイエスパークさんのが上質で通常のものより短いのでやりやすいと話題です。ちょっとしたカットとかでも使えます。
¥2,200~

暗い色にする、5レベルくらいの薬を使うなどの場合は保護クリームをしたほうがいいです。グレーカラーの時は必ずつけます。
¥1,520〜

手袋はオカモトさんのが使いやすいです。女性ならSサイズでいいと思います。
 
 
上記のものは実際にヘアサロンで使われているものをピックアップしてみました。
ヘアサロン用のカラー用品があると、染まり仕上がりも全然違うので、是非おうちで試してみてください。
使いやすく長持ちしますのでおすすめです。
 
 

これからホームカラーする機会がある方の参考になればと思います。

ヘアサロン用ヘアカラー材の作り方

カラー材の作り方を細かく説明した記事です。わかりづらいかもしれませんが参考まで!

塗り方動画もあるので飛んでみてください^_^

タイトルとURLをコピーしました