海外美容師

Sponsored Links
海外

海外美容師する前に考えたい!心配事や不安を解決するには

2020.04.30
海外

海外美容師の給料の相場と美容師のお国事情!

アメリカで海外美容師して帰国し今はヘアサロン経営中のママ美容師です。海外美容師3年してきた経験から知人の状況も含めかなりの推測ですが今現在の異国で日本人美容師が働いた場合の給料はどれほどなのか、また各国で美容師として働きたい方に参考になることは…
2020.03.07
海外

海外に行って美容師として働きたい!けど悩んでいる人へ

海外に行って美容師として働けたらな、と考えていますか? 美容師の仕事があればお金を稼ぐことができるし、異国に住むことができます。 ビザや免許がいるところもありますが、何より自分が本当に行って働くというのは大丈夫なことなのか?いろいろ不安...
2019.07.19
海外

美容師、海外で働きたい。アメリカのどこで働く?

あなたはアシスタントですか?スタイリストですか? 何年美容に関わってきましたか?また、どんな理由で美容師になろうと思いましたか? 今の仕事に満足していても、していなくても “いつか海外で美容師してみたい”と思っていませんか? 私は、どこでも働くことができるから美容師になりました。そしてアメリカに行きました。そこで経験したことを書いていきます。これは海外で活躍したい美容師のためのブログです。今、将来のことや美容師について漠然と悩んでいる方の参考になればと思います。

どうやって海外で働く?

正直に言うと、いろんなパターンがあります。貴方がどこの国のどの地域で働きたいかによって手段は異なります。 例えば、私の知人はワーキングホリデーでロンドンやカナダ、オーストラリアに行きました。田舎の方の農場で働いたり、都市部に行って美容室やレストランで働き2年ほどして帰ってきました。そういう人も多いですよね。それはここで記述することもないくらい簡単なことです。ワーホリビザをもらって、飛行機に乗って働きにいけばいいのですから。またリフレッシュしに行くには最適かもしれません。貴方はどんな目的を持って海外に美容師をしに行くのでしょうか?

目的・目標を明確にする

また他の国、たとえばアジアなんかは免許もいらないので、日本人美容師が行くのも増えていますね。美容師の求人も多くなっています。 ただ、個人としては美容も賃金も、これからだなという印象です。盛り上がってはいるようなのでこれについては別記事で。 英語を話すだけが目的だったり、朝だなので日本の雰囲気を感じたい方にはいいかもしれません。 さて、話を戻して、どうやったらアメリカで美容室として働けるか書いていきます。

どうやってアメリカ働く?

アメリカといえど、すっごく広い国なので、都市選びは重要です。そして州により美容師免許が必要です。日系サロンで働くのか、否かによっても変わってきます。そこでオススメの都市を中心にピックアップしてみました。

オススメはサンフランシスコかニューヨーク

カリフォルニアならサンフランシスコ

ざっくり簡単に言うと暮らしやすい。賃貸は高いが生活の質が高い。シリコンバレーで頭のいい人たちが多い。世界最先端のITやサービスの発信地。新しいものばかり。個性的なファッション。美味しいものたくさん。働きやすい。 デメリット・メリットなど詳しくはこちらにまとめてあります 美容師免許は取得する必要があります。取るまでは少し長い道のりですが、とっても貴重な体験ができる!そしてずっと維持できる。免許があればビザを出してもらえるし、ニューヨークよりチップも賃金も高いです。

やっぱりニューヨークで働きたい

NYを選ぶ貴方は、もう一流のヘアスタイリストを目指してるんですね。世界のトレンドが集まり、発信している場所。ここよりエキサイティングなところはないかもしれません。そしてチャンスもたくさんあります。私も2ヶ月しかいなかったのにファッションウィークに出させてもらいました。[別記事]凄い世界を見ることができる。 暮らしやメリット・デメリットはこちらでまとめてあります。 とにかく刺激がたくさん。ある意味東京みたいな感じですが。笑 頑張れば頑張るほど輝かしい未来がある気がします。それほど、切磋琢磨して自分の得意なことを極め、努力が報われる瞬間もある。 免許は、なんと5年日本で働いていれば向こうで書き換えが可能。つまりビザ、スポンサーなどを見つけることが出来れば就労可能です。 ニューヨークの美容師免許書き換えの仕方はこちらから[準備中]

まとめ

あなたはどんな美容師ですか? どんな夢を持っているのでしょうか。 アメリカで働きたいと思った方は、ぜひ他の記事も参考にしてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました