はじめましてのご挨拶

お家でヘアサロン用セルフカラー
Sponsored Links

私について

23歳で渡米、NYとCaliforniaで3年海外美容師をした経験。英語オンリーで実技・筆記試験を受けアメリカの美容師免許に一発合格。ニューヨークファッションウィークのコレクションのヘアを担当するなどして現在は日本でヘアサロンを経営しながら、子育てに奮闘しているフリーランスのゆるめなママ美容師です。

このblogで伝えられること

  1. アメリカの体験から、これから海外に行こうと考えている人や美容師に発信できることがあります。いいこと楽しいことばかりではないので、知って考えて準備しておくことが大切!
  2. これからの日本の女性や美容師、ママ美容師の働き方を考えながら、フリーランス自営業についてまとめていきます。
  3. 一応美のプロとして、忙しい働く女性やワーママ、子育て中のママに向けたオススメ時短美容、ヘアサロン用の商材を使ったセルフホームケアをご紹介してます。
  4. ママ美容師だけど子育ても満足にしていきたいので、子育て記録や用品レビューなど書いています。ディズニーとしまじろうの英語教育にはまってます。マイルをためて海外旅行に行くことやゆるいポイ活等雑貨も。

家族にも自分にとっても賢く人生プラスになることを目指してます!

美容師さんに一言

どうしたら海外で働けるか?どうしたら海外に住めるか?また海外で美容師するって…どんな感じ?と1度は考えたことがある方にはぴったりのブログです。

実際にアメリカに住んで働き、どんなことがあったのか。海外に行くことでプラスになること、マイナスになること、また帰ってきてからはどうなったのか、色々ピックアップしてます。

ヘアスタイリストとして働き、サンフランシスコやニューヨークなど各都市で見た文化、

人々の暮らし方、現地での遊び方。

アートや刺激になるもの、出会ったもの。

楽しい良いことだけでなく困ったことや辛かったことももちろんあります。知らなかったらほんとうに大変だったことなどもあります。

いっときの感情で海外へ行ったままだと危険です。渡ったその後はどうすれば、自分が満足のいく環境で納得しながら仕事ができるのか、やりがいや美容師の仕事のあり方ややり方を広げていくのか。

異国の地でヘアスタイリストとして活躍したい方、留学されたい方などへ、少しでも参考になれば幸いです。

アメリカに行って良かったかと聞かれると。

やっぱり行って良かった。行動してよかった。いつも思い返すのは良い思い出ばかり。出会った素敵な人達、忘れられない景色。もし渡米してなかったら、今の自分はなかったと素直に思います。

その反面、大変な辛いこともたくさんありましたし、それを知っていたら困らずにすんだとおもいます。

海外で美容師として働きたいけれど悩んでいる方へ、可能ならば是非行ってみて欲しいというのが私の気持ちです。

今を生きる女性に

全ての女性を応援できるように、楽しく為になる記事を書いていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました