やりたいことをやるならAmazonでベストセラー中の『メモの魔力』読むべき!

30代のスキンケアレビュー
Sponsored Links

ただこの本を読んで面白かったのでこのメモの魔力という本について、書きたいと思います。

 著者は前田さん

著者はSHOWROOMの前田さんです。

ビジネスを始めたいと思っている方の中で、自分の強み・弱みを知ることはとても重要です。

迷いながらも、情熱をもって自分の内にある「なにか」をしたい、その「なにか」を形にして結果を出したい、という人こそ見るべき本だと思いました。

その「なにか」は自分で結構分かってるようで具体的には全然分かってないものです。強みを知って具体的プランがある方にも再考するヒントがちりばめられているので、一読するといいかとおもいます。

自分を知ることを徹底、メモの力

この本を読めば着実に自分をよりよく知ることが出来ます。というのも、知るための問表を用意してくれています。分かってるようで聞き流していた自分の心の声を抽象的に出して、具体化し、転用すること。私自身もやってみていますが、問いがめちゃくちゃあって、ちょっとまだ進んでいないところもありますし、答えが出ないこともあります。でも少しずつなんとなくですが自分の「本質」の実態に近づいているような気がして、ワクワクしました。

そう、やっぱりワクワクドキドキって大切だと思いました。もうアラサー、もうアラフォーと歳を重ねていくわけですが、自分を楽しませられるのは自分しかいないわけで、自分をよりよく理解し(本当に理解し)鼓舞するのも自分だけなのだと思いました。

また、若い10代、20代の方達のなかでも話題になっているようです。

好奇心があってすぐ実行できるところが、若い時っていいじゃないですか。わたしも行動こそが大事だ!と思っていたんですが、それだけだと無鉄砲になってしまします。少し立ち止まって計画的に進めていくこと、自分の中のやりたいこと・心の声・情熱…などを具現化するための準備も、やはり必要だと感じます。

メモを書いてはいたけど…とても考えさせられる

ノリだけで生きてきた20代…日記だけはつけていたのですが、自分が書いたことに対してここまで深く掘り下げたことはもちろんありませんでした。メモだけで伸し上がってきたというのがすごいなあの一言です。

一生懸命仕事をやっているようで、いや多少はやってたんだろうけど、やっぱり足りてなかった。ナマケモノの私には痛いことも書いてありました。要所要所で後悔しない道を選んできたつもりでしたが、今、時間があると過去を振り替えって色々と考えを巡らせてしまうこともあります。

その中で、じゃあ今私が私の人生に本当に欲しているものはなんだろう?と思ったとき、時間がどんどん流れていってしまうように感じる中で、この本を見て、自分を見失わずに生きていける術を見つけることが出来るかも入れません。私も気持ちを切り替えて落ち着いてやってみようと思う事が出来ました。

自分を良く知ってみたいという方にほんとにオススメですし、男性だけでなく、起業したい方、主婦の方、ママさん、いろんな方に応用できると思います。。いくつになっても悩みや不安はあるもので、やるのに遅いということは無い。とよく言いますが本当にそうだなと思います。やりたいことをやろうと思う時が、その時だー!ぜひ見てください。

 もう1つおすすめの本あります

あとひとつ、おすすめというか、これはヤバい、と思った本あります。語彙力!笑

それは『無駄に生きるな熱く死ね』です。

これは当時若かりし頃のアシスタントのときに先輩に勧められた本ですが、アメリカに行く飛行機の中で読み、震えたのを覚えています。

命を燃やして生きるんだ、ということにハッとさせられました。そのおかげといっちゃなんですが、アメリカ生活は大変なことだらけでしたが無事に自信をつけ結果を残し帰国できたのもこの本のおかげだと思います。

なんでかって言うと、オドオドせずに暮らせたからです。強気!自己主張!を知る。笑

強くなきゃアメリカ社会では損してしまいます。

あ。また話がそれました。興味があればアメリカ生活のこともまた書いていくので読んでみてくださいね。書きたいことが沢山で、追いつきません。。

今日はここまで!

本っていいですね!

タイトルとURLをコピーしました