会陰付近に静脈瘤!知らないと怖い陰部静脈瘤と出産を乗り切る対策方法【妊娠中期・2人目妊娠で気をつけるべきこと】産後の追記あり

妊娠こそだて困った解決
Sponsored Links

いろんな不安の中、この記事までたどり着いたことだと思います。なのに恐怖を煽るようなタイトルで申し訳ありませんっ

皆さん安心してください!怖いけれどもきちんと対策を取れば陰部静脈瘤で大量出血ということにはならないそうです。

わたしはこれから出産ですが、出血が心配すぎて色々先生に伺ったりして対策してみました。

このポワワと膨らんだ陰部静脈瘤のことは自身がなってから知ったので、出産も大丈夫?これからどうなっちゃうの、どうすればいいの、、と不安な方に、参考になるように経過をまとめたいと思います。使ってよかった医療用の弾性ストッキングも紹介します!

わたしが考える外陰部静脈瘤の原因と今の状態

そもそも静脈瘤とは?
静脈瘤とは血液の流れる静脈がふくらんでこぶのようになったり、血管がふくらんで蛇行してみえることです。

原因となるものが、子宮が大きくなることで血管が圧迫され、下半身の血行が悪くなり、静脈が拡張することなどが原因とのこと。

大きくなった子宮によって周りの臓器は圧迫され、同時に静脈も圧迫されます。

静脈が圧迫されると下半身の血流が悪くなり、静脈内の圧が上がって弁が壊れたり、働きが悪くなったりすることで静脈瘤が発生しやすくなるのです。このため妊婦さんが静脈瘤になりやすい時期は、お腹が大きくなる妊娠中期以降がほとんどだというのです。

また女性ホルモンの影響で静脈の弁の働きが弱くなり、逆流が起こると考えられています。

この静脈瘤が脚にできれば下肢静脈瘤、外陰部にできれば外陰部静脈瘤というのです。検索すると下肢静脈瘤の画像はたくさん出てきますが、陰部静脈瘤はさすがにない。ということでトップ画のものは近いものをお借りしてきました。

これはバルトリン腺が膨らんでしまっているバルトリン腺嚢胞ですが、これに近い?と思って最初はとても焦りました

バルトリン腺嚢胞は不快感、かゆみ、痛みがあるそうなのでこれじゃないと思いました。この病気も妊娠後になりやすいらしいので知っていて損はない。(最初半信半疑だったのでお医者さんにもバルトリン腺なんちゃらが〜って言ったらすぐ診察してくれましたよ!

陰部静脈静瘤は痛みはなく、とにかく違和感がある。ぽってりしたふくらみ、あれ、なんかふっくら腫れてないか?と思う感じ。

みなさん、なんか違和感があると思ってお風呂やトイレの時などで発覚するのが多いそうです。

鏡で見てみるとボコボコしている感じで、最初は、ガン!?と不安になりました。翌日検診があったので、すぐにお医者さんに見てもらいました。『バルトリン腺は異常なし、、えーと、どこかな?』と言われるレベルでそんなに大きくないとのこと。(自分ではめちゃ大きいと思ってた)その後、珍しいものではないので大丈夫でしょうと言われました。妊婦の2~3割に見られるらしく、特に経産婦さんに多いそうです。とりあえず一安心。

(静脈瘤でも痛みを感じる場合があるそうで、お薬を処方してもらえるそうですので、お医者さんになんでも相談してみましょう!

思い当たる原因

1人目出産後、下肢静脈瘤になりかけていたわたしは多分、血管が老化してたのもあると思います。

そして上の子の子育てもあるので、安定期に入った時動きっぱなしでした。そうなると下半身が痛い、だるい、つらいということが1〜2ヶ月続いた時がありました。しょうがないことだと横になってはいたけど、休むだけでは改善されなかったんですね。その後妊娠7.8ヶ月ごろにお風呂で違和感を感じてヤツを発見した次第です。 

他の思い当たる原因↓

  • 夏だったので冷たいものをよく飲んでいた
  • 甘いものを欲してよく取るようになっていた(糖分は血液をドロドロにさせやすく、血管の老化を早めます)→※糖検査にも引っかかってたので、食事療法しました。桑の葉茶は妊婦に効果あり!血糖検査や糖尿病予防に糖質制限して体重も増えない!【2人目妊娠8ヶ月〜】
  • 歩きっぱなし、立ちっぱなし、動きっぱなしがあった
  • 下半身がだるい、足が痛い、下半身がとにかく辛い時が安定期から中期まで1〜2ヶ月あった
  • 足を高くして寝たりはしたけどそのほかに対策を取らなかった
  • 足がむくんでゾウの足になりかけた

医者から勧められた対策は弾性ストッキングを履くしかないとのこと。断然医療用のストッキングがおすすめ!

静脈瘤は産後に自然と消える可能性が高いので、今のところ弾性ストッキングをつけるしか方法はないんだって。静脈留が残ったり気になったりしたら手術とかもあるかもだけどそれは産後の経過次第だと。

ストッキングに関しては一般のメディキュットから買ってみましたが、それよりも医療用のアンシルクがめちゃめちゃ効果有りでした!とにかくつけ心地が軽く、圧迫もちょうど良く、一日中つけていても疲れない!

わたしは就寝時は開放感が欲しかった為、着用はしたくなかったので足をクッションで高くして寝るだけにしました。それにも関わらず、翌朝も足がスッキリしてます。

※メディキュットは妊婦には推奨しないと裏に書いてありましたので注意です。またわたしは、メディキュットは長時間履くと足首がむくむのがわかり、座っていると痺れてきたりしました。アンシルクを履いていなかったら思わなかったかもしれませんが。

とにかく、医療用弾性ストッキングのアンシルクを寝る時以外は1日中履くだけで、疲れないし、足のむくみも出ないし、静脈瘤も大きくなっていません。この大きくさせないことがとても大事。

ちなみに156センチ.48キロ(現在臨月で55キロ)アンシルクならSサイズだけど、メディキュットはLサイズがちょうど良かったです。

レビュー記事はこちらから

会陰付近の静脈瘤、出産時は裂けて大出血する!?

内診がない検診時でも、不安だったので内診して静脈瘤を見てもらいました。先生には『大丈夫と思うよ〜これ以上大きくしないように気をつけてね〜』とだけ言われました。

妊娠8〜9ヶ月あたりは内診がなくなる産院もありますが、37周あたりから最終的な感染症を調べたり、膣の状態、子宮口の開き具合を確認するためだったか、わたしのところは内診がまた始まりました。痛いけど確認してもらえるのは安心です。

やはり臨月に入るとお腹もこれまででいちばん大きく、おまたの様子もよくわかりません。対策してはいるものの、骨盤の痛みもあるし、会陰部のことも考えると裂けて出血が一番心配になってきます。

男性の先生なのであんまり思ったように相談できないときもありましたが、そんな時は助産師さんや看護師さんに何気なく『会陰部付近に静脈瘤が出来てるみたいで〜』と話してみました。

看護師: 『会陰付近ね!よくいるわよ〜珍しいことじゃないわよ』

わたし: 『出産時にもし破れたり裂けたら出血があると聞いたんですけど。。』

看護師: 『破けたら止血して縫って終わりよ!そんなに大きなことには滅多にならないよ。出産後は不思議と綺麗になくなったりするし。細かいこと考えてたら出産できないから、先生もちゃんとみててくれるし私たちもついてるから大丈夫よ』

と言ってくれました。わたしも2人目なので、まぁ、細かいことはそうよね。腹を括ろう。と思いました^_^

話してわかってもらえて気が楽になったので、少しでも不安なことはやっぱり専門の方に聞くことをおすすめします。安心して出産に臨みたいですもんね。

違和感や不安を感じたら産婦人科へ!内診をしてもらうのがおすすめです。

色々調べて悩むより、見てもらうのが一番です。プロですからね。安心をもらいに行きましょう。

妊娠8ヶ月から臨月まで私がした会陰部静脈瘤の対策方法

食事療法、ストッキング着用、体を冷やさない、下半身が怠くなったら足を高くして横になること。です。

  • 貧血で薬を出されていたので、欠かさず飲み、鉄分を多く食事で補うようにした。
  • 夏だけどお腹から下半身を冷やさないように工夫した
  • アンシルクの弾性ストッキングは必ず着用した。しないと足の欠陥もおまたもボコボコしてくる気がする。(血がたまってくるというか、下半身がだるくなるのがわかる、、)
  • マタニティヨガやゴキブリ体操をしてストレッチ!血流をよくするのと、呼吸法を練習して出産時のイキミ逃しの準備にもなる☆
  • 会陰マッサージもちゃんとするようにした。裂けたくないからね

そんな感じで、もう来週産まれてもおかしくないところまできています。

少し不安はあるけれど、静脈瘤があってもなくても、準備と対策をしておいた方が絶対いいと思うので、下半身がだるいと思う方、むくむ方、経産婦の方はしっかり気をつけていただきたいと思います!

ぶっちゃけこういうことがあるよって前もって知ってたらな、と思ったので記録しときました(°▽°)いろんな病気や変化があるもので、妊婦さんは本当に大変だなと改めて感じます。もっと妊婦がこんなに辛いって社会で認知されるべきじゃないかな〜。女性が声を大にして言わないだけで、正直大変なことだらけですよね。そんなことをまた書いていきたいと思います。。

ここまでありがとうございました!あ、アンシルクもメディキュットもニーハイじゃなくて膝丈なもので十分効果はあるそうなので、暑い夏場の時は膝丈がおすすめです。アンシルクは白で少しダサい部分もありますが、それにも勝る履き心地ですので是非お試しを。

↑絶対一枚は持ってた方がいい。

黒は外に行く時使えますね。

はい。今度またレビューこってりしたいと思います。では!

出産後の追記!見事に消えました

あれほ心配していた陰部静脈瘤ですが。

産後直後は体の痛みですっかり忘れていましたが、入院3日目頃に思い出して聞いてみたところ見事に綺麗に消えているとのこと!ちなみに出産時は400mlと中小くらいの出血だったそうです。

1人目の時は190mlと出血は少なかったので、静脈瘤が少なからず裂けたのかもねと言われましたが、出血は全然多い方ではないので気にしなくていいと。(経産婦の方は母子手帳に出生時の出血量書いてあるのでみてみてください!)

初産で静脈瘤がなくても大量出血でフラフラだった、なんて友達もいたので本当に人それぞれなんですね。

わたしは、会陰は結局少し裂けて縫ってもらいました。中から縫うようなのでその時に会陰付近の静脈瘤(破けてても)縫われた可能性もありますね。そのときは赤ちゃんが無事に生まれてくれたので、もう頭から静脈瘤のじょの字もなくなってました笑

お医者さんも出産前から言ってましたが、会陰部の静脈瘤ができるのはよくあること。そして大量出血になるのは稀だということです。あまり深く気にしないで、大きくしないことと、唯一の予防対策であるストッキングを着用することを心がければ大丈夫です!本当によかった〜泣

産後は多少、足が腫れる?むくむ?のが続くことがあるそうなので入院時も日中はアンシルク はいてました。なんならわたし、スピード出産もあって2人目出産時にもアンシルク履いてました(^^)締め付けも違和感もなく、2人目もちゃんとドゥルンっと産まれてくれました。すごいですよね〜

着用レビューはこちら!

2人目出産リアルレポも是非!

こちらも人気

タイトルとURLをコピーしました