出産前に絶対知っておくべき陣痛の上手な乗り越え方!いきみ逃しの裏ワザ!2人目出産レポ【コロナ出産】

妊娠こそだて困った解決
Sponsored Links

前回のお産は赤ちゃんが早く出たがっていたようで、『波がない陣痛』に4時間苦しめられました。あの強烈な痛みが4時間ぶっ通しできて、その間は話せず立ちあがることも出来ず、悶絶しておりました。

破水から始まり6時間後に産まれた第一子の出産は、スピード出産で安産と言われました。

正直陣痛が痛すぎて、そして全然耐えられなくて、痛すぎていきんじゃったりして…赤ちゃんも苦しかったろうなと後悔ありまくりでした。

赤ちゃんに呼吸をちゃんと届けたい!次のお産は絶対上手にいきみのがしをして陣痛を乗り越えたいと強く誓ったのでした!

そう、あの痛みになにがなんでも勝ちたい!負けっぱなしにはならねぇ!と第二子出産前にいきみ逃しの勉強をすることに。前置きが長くなりましたが今回はそんなお話です。

驚くことに、今回試したもの全てが2人目出産の力になりましたので紹介します!

マタニティヨガとストレッチをなんとなくしておいて、呼吸法をマスターしておく!!

◎マタニティヨガはぶっちゃけ臨月に2〜3回した程度。でも呼吸法は大事!お腹が重い普段から、息切れや動悸がした時などにも使えます。

深く呼吸することで赤ちゃんにも新鮮な空気を取り込めます!そう思うことで余裕ができる。

呼吸をうまくしていると思うことで自信をもち、これまたゆとりができる。

血行、血流を良くする!じんわり気持ちいいので気分転換にもなる。

YouTuberのいきみ逃しの裏ワザがメチャ効いたので試す価値あり!

YouTube動画

正直、一度見ておいただけなのです。本番当日たまたま思い出してやってみると、、あら不思議。ほんとに痛くないというか、これは1人でもいける!乗り越えられると確信!笑

子宮口8センチまでこれで耐えました。ほんとに。しかも1人でね。

ポイントはうまくいきみを逃しても痛みを抑えられてる、と思わないこと!

これからもっと強い信じられない痛みが来ると思っておくこと。乗り越えたと思わないこと!

呼吸方も裏技もやってるから抑えられてる!喜

想像より上をいく痛みが来た!

いきみ逃しができず、パニックになるもしくはなりやすい。

想像以上の痛みがつよくなるごとに動転したり叫んだりしてしまい、そのせいで呼吸が乱れることになる。つまり変な力が入ってしまう。そうするともっと痛い。まじです。

対策をして陣痛がきてもうまくイキミ逃し出来ている!と大丈夫と思わないことです、それ以上が絶対あると思います。その時に冷静に耐えることが大事だと思います!お産は想像の上を必ずいくと思っていたらいいかも!

陣痛時に実際意識したことリスト

正直、いきみ逃しに関しては100点満点でした!YouTubeのおかげです。ほんとに、、!一回見て見て!

➀呼吸法(赤ちゃんに届ける意識で!実際、呼吸がうまくできてないと赤ちゃんも苦しい。痛い時に機械の数値が止ってるのをみたら震えます)

②いきみ逃ししながら、これ以上にもっと痛いのがくるんだろうなと思っておくこと

③自分が冷静でいるにはどうしたらいいか考えること(赤ちゃんも痛いと思ったら頑張らなければと思う、無心になる、とか)

④目をつぶらないこと(つぶったら私の場合、もっと痛くなる気がした。また分娩時は目をつぶったらいけないのです) 

⑤YouTubeの裏技やりながらも、腹圧?胎動やお腹の具合を感じておくこと。

⑥エネルギー源、水分をとっておく。身体をあっためておく。

⑦痛いと思わないこと!痛みを感じないようにするために気を紛らわす、無になる。手に力を入れたり、目でどこかを追ったり、足のかかとでお股を押さえたり。マタニティヨガにあるポージングも効いた!前のめりになる猫のポーズが特に◎

⑧冷静でいること。パニックにならないよう努める。時計を見て陣痛の感覚を測ることも。

私はこの記事を陣痛の間にまとめたりしてた(オススメしません)、この時から1時間経たないうちに次男誕生しました。

ナースコールするタイミングと最後の問題点

コロナだったので個室で1人2時間くらいいきみ逃ししてました。助産師さんも家族もおらず、でも集中できました。初産の方は本当に不安だと思います。。しかし、冷静でいること、呼吸を赤ちゃんに届けていきみのがしすることが何より重要なので、そこだけ集中きてたら寂しいとかないと思います!いきんでしまうと赤ちゃんに酸素が届がなくなってしまい、赤ちゃんが苦しくなってしまうので、しっかりいきみ逃しできてるといいですね。

上記の対策をらしてみてくださいね。

さて、

上手なイキミ逃しをしていても、もう無理!これは逃せない!ってなる時がきます。強力で強烈な痛み!私はそのときに初めてナースコールし助産師さんを呼びました。内診したら子宮口は8センチ開いていたので(喜びました!)そのまま分娩台に行くという直行パターンでした。

ここから20分後には産まれたのですが、ここで最後の最後で大問題発生。それは分娩中のいきみでした。

いきみ逃しがうますぎて、いざというときにうまくいきめないのはあるあるだそうです。

分娩台で焦って呼吸が乱れてしまいました。こんなに言ったのにアレですが、パニックになったのです。←

こんなときに前回のお産の時のように、隣で旦那が『ふー!ふー!』と呼吸を言ってくれていたら前回のように上手くできるのに…と考えずにはいられませんでした。コロナが憎いぜ。、

会陰が裂けるのがわかっていたので怖くていきめなかったのもあります。うまく呼吸してたから伸びてくれるかなと思ってましたが、私の皮膚は伸びないことを悟る。あれだけマッサージもしたのに。。でも最後は踏ん張ってやるしかないので、怖いとか言う前にもう出したい一心でいきみました!

我が子に会えた時、涙が出て自然と『可愛い』って言ってました。感動しました。今回も本当痛かったけど、、

いきみ逃しの裏技をして出産してみた結果

わたしは経産婦なので1人で出産でもいけるかも?という気持ちがありました。上手にいきみ逃しをしすぎて最後いきむのと呼吸をするところでパニックになってしまいましたが笑、出産の痛みが想像以上だったことや怖い気持ちもやっぱり捨てきれませんでした。

出産て本当に大変なことです。健康に産まれてくれたから良いもののの、人それぞれ出産のストーリーがあり、楽なお産なんてないんだと改めて感じました。2人目だからって痛みも軽減されるわけはないんだと学びました☻

今回は上の2歳半の子にも立ち合いさせたいなぁなんて考えてたので、本当にコロナとかGoToのおかげで予定を狂わされましたが。。命がけで出産するんだし妊婦さんにとってもっと生きやすい社会になってほしいと強く思いました。女性、母は強しで我慢強いから社会が回ってるんだなぁと。もちろんパパの力も強いですが!!

産後の経過はまた今度書きますが、1人目よりも回復が早いです!そして穏やかに過ごせています。旦那が1番驚いてる笑

さて、ここまで読んでいただきありがとうございました!

2人目出産当日のレポはこちら。

1人目出産、育児ともに壮絶でした〜。わたしが未熟者なのでしょうが…楽しいと思えませんでした。こちらで思い出しながら書いてます。

1人目は可愛いとは思うのに大事すぎて自分も必死すぎて。。2人目は産まれた瞬間に涙が出るくらい、嬉しかった。どちらも宝物だけれど、母親の精神的身体的な負担の差がありすぎて色々と考えさせられます。。

出産してからが始まりだから、これから1人目出産の方にぜひ読んでもらいたい。私のように産後うつになって欲しくないです。こうしたらよかったなと、思うこと書いてます。

タイトルとURLをコピーしました